トップ

秋の旅行の魅力について

日本の紅葉は、世界に誇れる美しさがあり、それに誘われて旅行シーズンも本格的になってきます。上空の大気の変化によって、寒気は木々を見事な色づかいで染めてくれます。晩秋にかけては、山間部の頂周辺に白いものがほんのりと降りかかり、山の中段に紅葉、ふもとに緑といった三段染めをみせてくれることもあります。秋の旅行は、行き先がどのような場所であっても紅葉を見つけることが出来ます。山や海に囲まれた自然をいとおしく思い大切にしてきた日本人の心が、この季節に一気に開花するように感じます。見る人の心をあでやかに染めてくれます。

旅といえば季節の中では秋が最適

旅行の季節は四季、それぞれの人の好みや趣味、行く場所でいつでも最高なものになるでしょうが、その中でも得に最適な季節と言えば秋でしょう。空気が澄み、晴れの日が多く、海辺は海の青が映え、山も町も紅葉が素晴らしく、気温は暑くも寒くもなく、時間が取れることならばこの季節ということになります。ときに寒さが例年になく早いと、山では上部は雪、すそ野は紅葉と見事なものが見れることもあります。桜の春も、新緑の五月も素晴らしく、冬の北海道も最高と言います。日本は四季がはっきりしているため、旅行の楽しみもそれぞれですが、特に秋の青空がもたらすものが最高でしょう。